khtatuのTV&映画ブログ

TVドラマ感想他

いだてん#22まで


ベルリンオリンピック開催が中止となり、四三は気落ちするが、その後駅伝競走を企画し、相変わらず走り出す。
クーベルタンから嘉納治五郎へ、ベルギーで次期オリンピックの開催するという手紙が・・。
そして体協からも渡航費用が出て、十数人の選手を派遣する。しかし四三はマラソン競技16位に終わる。

まあいろいろありましたが、ふたたびオリンピックマラソンに挑戦するということなんですが、
駅伝やりすぎて疲れたのかなー。まあ科学的トレーニングが確立されていないころなんで(大正時代か)、
しょうがないのかな。

ベルギー五輪の成績不振で傷心の四三は帰国にためらいがあり、ドイツをうろうろしていると女子選手?がやり投げをしているところを見る。元気に競技してる女子選手を見て、四三は女子陸上選手の育成を思いつく。
四三は帰国して早速女子高教師になり、放課後に生徒に陸上競技を進めるがなかなかうまくいかず・・・。
 
まあいろいろありましたが、ベルギーオリンピックの成績は日本で駅伝やりすぎて疲れたのかなー。科学的トレーニングが確立されていないころなんで(大正時代か)、
しょうがないのかな。


話だけでも十分面白いのですが、時代劇じゃない、戦国時代でないので視聴率が上がらないのかなー。

後半は東京にオリンピックを呼ぶ話で、阿部サダヲさんなんでもっと地味な話なのかなー。
まあいいか。

いだてん

視聴率が低いといわれていますが、まあほぼ時代劇ばかりの大河ドラマでは異色の作品なのでしょうがないのかな。

比較的現代を扱った作品は過去にもありますが、まあ時代が違うというか。

ドラマをあまり見なくなった、いや、あまりテレビを見なくなった。

ネット(youtube)ばかりみているということか。まあそもそもあまりテレビ(映像)を見ていない。

 

今回は特に地味な方々なので、個人的には興味深いのですが、まあ一般的にはしょうがないのかな。NHKなのでいつものように年末までそのまま放送されるでしょう。それでいいのだけどね。

なつぞら

東京編、だんだん戦後すぐのドラマの映像の違和感が強くなってくるのかな。

まあこれはしょうがないこと。私どもも子供時代のことでもう記憶があいまい。

まあ現代を中心としたつくりでいいんじゃないか。

「半分青い」や「あまちゃん」のように。

さもなくば大河ドラマのようにきっちり作るか。

回数が多い分難しいとは思うが。

まあ安定していい感じではあるが、何となく展開が読めてしまうような。

それでいいといえばいいのだが・・・。

 

 

 

 

まんぷく最終週


終了しました。最後は歩行者天国シーン。懐かしいけどなー。この地でも一時期は行われていました。大分前ですが。このころかなー。
カップヌードルは意識はしてなかったですが。
結局、お母さん(松坂慶子さん)はご存命のままでした。
福ちゃんの旦那さんを支える曲がらない姿勢。ドラマ的ですが、これでいいのか。
まあ悪くはないのですが・・佳作???

まんぷく

いよいよ3月(ラスト1か月)に入りましたが、カップヌードル発明寸前ということで、エピは順調に行っているようです。

まんぷく食品?も自社ビルありの大会社になった模様で。まあ結構なことです。

元祖は本来こうでなくっちゃ????うーん、まあこちらのことで(@_@)

半分、青い

朝ドラらしく波乱万丈なストーリー。仙吉おじいさんや、秋風羽織先生の名言がさすがな北川悦吏子さん。

まあなかなかな作品ですが・・・。微妙。

わろてんか、なんぞよりはうんといいんですが。

映画「そして父になる」

NHKBSにて

まあ別のチャンネルで散見はしたんですが、つらい話で、通しては見てはいないんですが、今回は見逃した週末部分。まあやはり映画らしい終わり方、まあこうしないとすっきりはしないけど。

実話からの設定で、実話ではどうなったのかは知りませんが。福山雅治がなかなかいい感じで、エリートなちょっと嫌みのある父親を演じ、又リリーさんが庶民的すぎる父親を演じてなかなか。

是枝監督の、子役の扱い方がうまいとか。。よく出来ている。

まあラストはホッとする、しかしやや平凡な感じになってしまった。まあこれでいいんだけど。