khtatuのTV&映画ブログ

TVドラマ感想他

TV朝日チャンネルで「相棒3、双頭の悪魔(全3回)」を見る

何度見ても名作だなー。

まあしょうがない、過去の名作と比べては今の作品を語ってもしょうがないのかな。

超えるような作品を生み出してほしいもんだ。

シリーズを続ける以上は。

NHK大河「真田丸」#36勝負

昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)は、信幸(大泉洋)と別れ、徳川勢を迎え撃つために上田城へ。途中、昌幸と信繁は沼田城に立ち寄るが、稲(吉田羊)は思いがけない行動に出る。一方、信幸は家康(内野聖陽)から上田攻めの先ぽうを命じられる。初陣の秀忠(星野源)は本多正信(近藤正臣)とともに兵を進める。徳川勢を撃退しつつ、しかし信幸とは戦わないために信繁は一計を案じる。そして佐助(藤井隆)が衝撃の知らせを届ける。

(以上公式ホームページより)

稲姫沼田城を閉ざし、信幸の正室として徳川方としての行動に出るわけで、まあ徳川方から怪しまれない行動ということなんだけど、 そして2度目の徳川方との上田城決戦、これで秀忠の関ケ原参陣を遅らせたようなんですがね。

そして信幸には無血で沼田城へ入場させるように持ってくという、さすが昌幸かな。

関が原決戦の結果のみを関が原に関与はしていない真田一族に知らせるという、まあ史実はそうなんでね。作りがうまいなー。 

大河ドラマ「真田丸」#35「犬伏」

真田一族にとっては大きな転換点となる犬伏の別れ。遂に関が原直前となりましたか。

ラストが大坂夏の陣だとするとまだゆっくり時間は流れて描かれるんだなー。関が原だけでも数回に分かれて描かれるのかな。細かい点で史実をなぞって・・。 さすが三谷さんだな。

昌幸のラストもまじかか・・。草刈さんが格調高くなっているのが。。時間が経っているのだなー。 

NHK大河「真田丸」#22まで

いよいよ北条攻めですか。流れがゆっくりしていますがまあこれから唐入り。秀次の失脚、秀頼が生まれる。そして秀吉の死去。関が原・・ということかな。関が原は秋らしいのでまだゆっくり流れるのでしょうかね。

まあ多少の大名たちのカリカチュアライズが強くて、面白いけどここらが三谷脚本の微妙なとこかな。

個人的には草刈さんがさすが。水曜時代劇のころ(幸村役)よりはずっといいと思うけど。

NHK大河「真田丸」#13まで

ああそうか、お梅さんは戦死するんだ。子供はきりが育てるらしい。
まあ信繁の正室は大谷吉継の娘なので、こういう展開にするのかどうなのかはわかりませんが・・・。

戦なのにコメディタッチ。あの高砂の歌唱での挑発は史実らしいがあれでいいのか・・。まあいいか、三谷さんだし。
とりあえずは信長軍を撃退したんだけどまだまだなのかー。
今後は秀吉に近づくのだろうか。

小林信彦「週刊文春;本音を申せば#854」

小林信彦さん、50年ほど前に雑誌の編集をやったことがあるという(これは「ヒッチコックマガジン」のこと、ちなみにこの雑誌は私の父親が購読していて、私どもはそれを勝手に読んでいた)その中での中原弓彦氏(当時の編集長)の名を知った(小林信彦氏のこと)

雑誌の中でのジャズ評論を相倉久人氏に頼んでいた。

小林信彦氏はその後その雑誌の出版社(宝石)を退社し、雑誌とは縁がなくなった。

 

20年後、新宿紀伊国屋の喫茶店で、偶然相倉久人氏に会う。小林氏は喫茶店でかかっていた音楽が気になっていたのだが、それが大瀧詠一の「ア・ロング・ヴァケイション」で、大瀧氏のことを小林氏へ教えたのが相倉久人だった。

ちなみに大瀧さんは伊藤銀次氏から小林信彦さんの本の存在を聞いたという。

あくる年(1982年)に小林さんは大瀧さんに自分の本を贈ったそうだ。

そして大瀧さんが返事が来て、大瀧さんは実は以前から小林さんにお目にかかりたかった・・ということ。

その年の9月に、午後3時から夜の11時まで場所を変えて歓談したそうだ。

(大滝さんの年譜による)

1984年単行本「ゴーゴーナイアガラ」のための対談。

弘田三枝子坂本九さんに関する大瀧さんの質問に小林さんが答えている。

このころ小林さんは久々に弘田三枝子さんをTVで見て、ジャズピアニストの山下洋輔さんに会った時に、彼女はうまいなーという話。

山下洋輔さんは前に日野 皓正さんと一緒に弘田三枝子さんのバックをやったことがあるという話。

寅さんをやる前の渥美清さんが弘田三枝子さんの熱心なファンだったという話。

弘田三枝子さんの再評価は大瀧さんのラジオ番組の影響ではないかという話。あと全盛期の植木等さんの話。

相倉久人さんはジョンコルトレーンの来日ライブの司会は相倉久人さんが務めたそうで。

以上は2015年7月に亡くなった相倉久人さんへの追悼話。

 

 

NHK「刑事」(高倉健主演)

ベテラン刑事、警視庁捜査1課秋庭はかつての部下、村沢巡査が交番で刺殺された事件の捜査に乗り出す。
唯一の手がかりは、村沢が最後の力でアスファルトに書いた血文字と村沢の妻から託された日記。
そこには、実直な勤務の日常が淡々と記されていた。
いつ終わるとも知れない地道な捜査の毎日のなか、一人娘の結婚問題や亡き妻への苦悩が秋庭の脳裏をよぎる。
やがて聞き込み情報と日記の記述から、無関係と思われていた大手銀行副頭取殺人事件に重大な関連性が浮かび上がってきた。

(以上Amazon解説より)

 

 

DVDレンタルにて、シリーズにはなっていないんですね。ちょっと残念。

健さんらしい刑事役、単発ドラマのせいかミステリーにそんなにひねりもなく、ただ設定とか、連続ドラマにもできそうな内容なんですがね。健さんTVドラマには興味が薄かったのか・・。