読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

khtatuのTV&映画ブログ

TVドラマ感想他

2013年1月期TVドラマベスト5

1.NTV「泣くなはらちゃん」
最近ちょっと調子の出ない岡田さん。しかしこれは快作。現実と漫画の中、二層の話。そして矢口さん(矢東さん)の漫画の(ドラマの)登場人物の運命を握っているという話。岡田さんのメッセージということなのだろう。

2.NHK「ラジオ」
私としては快作と思う。実はなかなか描き切れないと思われるあの震災の一面を女子高生の目から描いたのでは。

3.NHK「メイドインジャパン」
振り、経過ともに面白いのだが。やはりあの結論は・・3回ではしょうがないにしてもちょっと予定調和かな。
迫田のメイドインジャパンは死んだという趣旨の発言(問題提起)の回答にはやや遠いかな。とはいえかなりのレベルの作品。

4.NHK「最終特快」
45分のスペシャルドラマ、こんなに短くても描くことはできるという好例かな・。

5.CX「ビブリア古書店の事件手帖」
あまりにも地味なんだけど、でもまあ個人的にはディープな文学ネタは面白かった。
剛力さんはこの手のやや病的文学少女お嬢様で安楽椅子探偵風なのは合わない。他に誰かいないのかなー。

番外
NHK「いつか陽のあたる場所で」
暗い話を、キャラで重くはなれない上戸彩さんに演じさせる・・。
まあだから最後まで見られたのかな。飯島さんのキャラは明るいというかちょっとやりすぎ感はあるけどな。シリアスなシーンではそれなりの演技だから好いのかしらん。


EX「相棒イレブン」
相棒が成宮さんと言うことになって、ドラマイメージが変わってきている。
潜入であるとか、被害者になってしまうとかは、寺脇さんを継いでいるように見えるけど、あいにく似て非なるということなのかな。

NHK「極北ラプソディー」
過疎の病院の経営の問題を描いたわけだが・・。やはり前後編と言うのは短いのか。描ききれてないのかな。好きな作品ではあるが。

NHK朝ドラ「純と愛」
これはひどい。何かきつい言葉を言えばドラマの質が上がると錯覚している。
ラストに行くに従って振りの回収が投げやりになる。明らかに脚本家の脱力。