読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

khtatuのTV&映画ブログ

TVドラマ感想他

NHK大河「真田丸」#36勝負

昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)は、信幸(大泉洋)と別れ、徳川勢を迎え撃つために上田城へ。途中、昌幸と信繁は沼田城に立ち寄るが、稲(吉田羊)は思いがけない行動に出る。一方、信幸は家康(内野聖陽)から上田攻めの先ぽうを命じられる。初陣の秀忠(星野源)は本多正信(近藤正臣)とともに兵を進める。徳川勢を撃退しつつ、しかし信幸とは戦わないために信繁は一計を案じる。そして佐助(藤井隆)が衝撃の知らせを届ける。

(以上公式ホームページより)

稲姫沼田城を閉ざし、信幸の正室として徳川方としての行動に出るわけで、まあ徳川方から怪しまれない行動ということなんだけど、 そして2度目の徳川方との上田城決戦、これで秀忠の関ケ原参陣を遅らせたようなんですがね。

そして信幸には無血で沼田城へ入場させるように持ってくという、さすが昌幸かな。

関が原決戦の結果のみを関が原に関与はしていない真田一族に知らせるという、まあ史実はそうなんでね。作りがうまいなー。